ニキビ跡

ニキビ跡を消すために必要なこととは?

 

ニキビ跡を消すために必要なこととは、普段から肌の状態を良くしておくことです。まず肌を清浄にし、きれいで清潔な状態に保つようにます。その状態で肌に潤いを与えます。そして肌に与えた潤いを閉じ込めるためにしっかり保湿します。まずはこれらのことを守ることが大事になります。これがきちんとできていないと、ニキビ跡を消すことはできません。基本が出来ていないと、何度もニキビができて、その度にニキビ跡が残る結果になってしまいます。

 

ニキビ跡を消すためには、肌を清潔にして潤いを与え、保湿することが大事で、清潔に保つには洗顔とピーリングが必要です。ただ、洗顔する際は、やり過ぎは禁物で、一日に何度も洗顔してはいけません。

 

また、洗浄力の強い刺激の強い洗顔料の使用は控えるべきです。ピーリングもやり過ぎはダメで、新しい角質までピーリングによって根こそぎとってはいけません。ニキビ跡を消すためには、肌に潤いを与えなければなりませんが、その際使用する化粧水は、ニキビケ跡専用の物がおすすめです。トラブル肌の人は、潤いが肌に浸透しにくいからで、肌の状態が弱っている場合、ニキビ跡専用のニキビケア化粧品を使用するのがベストです。保湿の際の乳液や美容液もニキビ跡専用の化粧品を使用しましょう。

 

なかなか消えないニキビ跡の対策法

 

ニキビ跡は自然に消えるのでしょうか。この件に関しては、よく物議を醸しますが、基本的に、自然に消えるモノと、一生残ってしまうモノがあります。軽度のモノであれば、基本的なスキンケアと生活習慣を改善することで治すことは可能ですが、酷いニキビ跡の場合、治すのが困難になります。クリニックで治療を受けても治らない場合があります。
ニキビ跡が自然に消えるかどうかは、一概に言うことはできず、その人の体質によって変わってきます。

 

赤ニキビがずっと残っているような場合、炎症を起こしている時間が長いので、ニキビ跡は中々消えません。しかし、赤ニキビが酷いと必ず跡が残るとも言えません。

 

ニキビが酷くても、全く跡が残らない人もいます。ニキビ跡が自然に消えるかどうかは、普段の習慣も影響します。いくら丁寧にケアしても、ニキビをいつも触ったり、潰したりしていると、ニキビが治っても跡が残ってしまいます。
ニキビ跡を残したくないのなら、ニキビができた時は、刺激を与えないようにし、潰さないことが大事です。ニキビ跡を治すには、これ以上ニキビを作らないことが大事です。ニキビ跡を先に治そうとすると、今あるニキビが酷くなり、跡が大量に残る可能性があるからです。

 

ニキビ跡に効く化粧水とは?

続きを読む≫ 2015/07/08 15:24:08